【話題】エンジニアなら知っておくべき「ノーコード」とは?

今月くらいから耳に挟むようになった「ノーコード」について調べて分かったことをまとめておきます。

実際に制作してみたら別で記事を上げようと思います。

こういった方へ向けた記事です
①ノーコードとは何かサクッと知りたい
②ノーコードがなぜ最近話題なのか知りたい
③ノーコードは今までのCMSと何が違うのか知りたい

目次
1.「ノーコード」とは?
2.なぜ今「ノーコード」が話題なのか?
3.今までのCMSとの違いは?
4.プラットフォームの種類

1.「ノーコード」とは?

ノーコード」とは、プログラミング不要のシステム作成ツールです。

例えば、こういうアプリを作成したい、でもプログラミングやったことないし、外注するのもお金がかかる・・・

そんなとき「ノーコード」の出番です。

開発コスト(お金・時間)がこれまでのCMSなどと比較して低いので、今までお金の面などで手を出しにくかった開発者が集まりやすくなりました。

「お金を掛けたくない」

それなら「ノーコード」を使ってみましょう。

ホームページはこちら↓
https://nocodejapan.org/

2.なぜ今「ノーコード」が話題なのか?

理由
2-1.特別給付金の申請フォームを「ノーコード」で作成した事例が発生した為
2-2.大手企業も参入してきている為

2-1.特別給付金の申請フォームを「ノーコード」で作成した事例が発生した為

ある地域において、新型コロナウィルスの特別給付金(10万円配布の件)の申請フォームが「ノーコード」で作成され、しかも作成した人はプログラミング知識のない市議員の方で、所要時間は数時間だそうです。これは、ニュースになったそうです。

2-2.大手企業も参入してきている為

Google、Amazon、Microsoftがノーコードに関わったアクションを起こしていることも要因に上げられます。

例えば、ホームページを見ると、「Googleによるノーコードプラットフォームの買収」という記事が掲載されています。

3.今までのCMSとの違いは?

これまで多くの開発者が利用していたCMS(コンテンツ管理システム:Webサイトの構築に必要となるテキスト・画像・ページデザイン・サイト構成などの各種コンテンツや設定情報などを一元管理し、Web技術者以外がサイトの構築や編集を行えるようにするシステム)には、WordPressWixがありましたが、そのCMSと何が違うのでしょうか。

それは、バックエンドの部分も実装できるようになった点です。

バックエンドとは、フロントエンド(見た目の部分)に対してユーザには見えない中身の部分です。

バックエンドも実装できることで、ホームページ・WEBサイト以外のモノも作れるようになりました。

ソース画像を表示

4.プラットフォームの種類

開発できるプラットフォームは4つあります。それぞれ特化している箇所が異なるため、作成するモノによってどれを使うか決める必要があります。

下記解説はhttps://nocodejapan.org/about_nocodeから引用しています。

4-1.Adalo

ホームページはこちらをクリック↓
https://www.adalo.com/

モバイルアプリケーションに強いノーコードプラットフォームです。直感的に操作できるのが特徴でよりパワーポイント感覚でボタンやタブを設置しアプリを作成できます。モバイルアプリケーションをノーコードで作りたいという方はまずはAdaloを使ってみよう。日本初のノーコードアプリ買収もAdaloで作られました。

機能
チャット、リスト、通知、マップ、ポップアップ、決済

作成できるもの
マッチングアプリ、チャットアプリ、SNSアプリ、ECアプリ等

4-2.Bubble

ホームページはこちらをクリック↓
https://bubble.io/home

ウェブアプリケーションに強いノーコードプラットフォームです。多様なpluginや機能を持ち、カスタマイズにとても優れたプラットフォームです。サイトでアプリケーションを作りたい方はBubbleがおすすめです。このサイトもBubbleで作成されております。

機能
チャット、リスト、通知、マップ、ポップアップ、決済

作成できるもの
マッチングアプリ、チャットアプリ、SNSアプリ、ECアプリ、ミニゲーム等

4-3.Glide

ホームページはこちらをクリック↓
https://www.glideapps.com/

GlideはGoogleスプレッドシートを「データベース」として利用し、PWA(モバイルサイト上でネイティブアプリのようなユーザー体験を提供する技術)を自動的に生成してくれるプラットフォームです。エクセルやスプレッドシートでデータを管理している人や、オープンデータの活用をしたい人におすすめです。

機能
スプレッドシート、リスト、マップ、決済

作成できるもの
地図アプリ、顧客管理アプリ、イベントアプリ、ECアプリ等

4-4.Appsheet

ホームページはこちらをクリック↓
https://www.appsheet.com/

モバイルアプリ特化のノーコード開発プラットフォーム。デザインを細かく修正はできないが、用意されている雛形をパズルのようにはめていくので、作成はとても簡単なのが魅力。またgoogleが買収したことによる連携が強力で、様々なgoogleの機能を追加できとても拡張性に富んでいます。

機能
カレンダー、マップ、スプレッドシート、リスト

作成できるもの
為替確認アプリ、出席管理アプリ、スケジュール管理等

こちらの記事もおすすめです
・ノーコードのバブルでサービス作ってみた【一部日本語訳記載してあります】

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中