Local by FlywheelでWEBサイトを制作後サーバアップするまでの手順を解説

▶Local by Flywheelでローカル環境にWebサイトを構築したい方はこちら

https://poisoncreation.com/2020/07/14/local-by-flywheel/

▶STEP

1.プラグイン「All in one WP Migration」-「エクスポート」を行う
2.サーバを取得する
3.ドメインを取得する
4.サーバとドメインを紐付ける
5.サーバにWordPressをインストールする
6.サーバにインストールしたWordPressの管理画面にログインする
7.プラグイン「All in one WP Migration」-「インポート」を行う

1.プラグイン「All in one WP MIGRATION」-「エクスポート」を行う

①Local by Flywheelを起動し、ローカルでWebサイトを制作する。

②プラグイン「All in one WP Migration」(オールインワン・ダブリューピー・マイグレーション)をインストールする。

③プラグイン「All in one WP Migration」-「エクスポート」をクリックし、エクスポート先「ファイル」を選択する。

④エクスポートの処理が開始され、完了したらダイアログを閉じる。

2.サーバを取得する

■エックスサーバー

初心者でも使いやすく、上級者も愛用しているので長くずっと使えます。

メリットとして、利用者が多いので信頼度が高く、わからないことをネットで検索すると、誰かしらが同じ疑問を抱いていたり、それについて解説していたりします。

また、エックスサーバだけの特典として、無料お試し10日間付きなので、すぐ契約解除もできます。

レンタルサーバなら、これ一本で十分です。

■サーバ費用

項目費用
契約手数料3,000円(初回のみ)
月額費1,000円
合計年12,000円(初年度15,000円)

■サーバ取得方法

①「お申込みはこちら」をクリックする。

②オレンジ色のボタン「10日間無料お試し 新規お申込み」をクリックする。

③プランは「x10プラン」を選択し、先へ進む。

④個人情報を入力する。

 登録区分は、会社であれば「法人」、会社でなければ「個人」を選択する。

3.ドメインを取得する

■お名前.com

ドメインとは、ホームページのアドレスです。

このWEBサイトのドメインは「poisoncreation.com」です。

エックスサーバー同様、お名前ドットコムは初心者でも使いやすく、上級者も愛用しているので長くずっと使えます。

■ドメイン費用

「.com」「.work」「.net」「.xyz」などの種類がありますが、種類によって費用が異なります。

しかし、安いからといって「.work」「.xyz」にすると、見慣れていないせいか信頼がなくなることもあります。オススメは一番信頼得られやすい「.com」だと個人的に思います。

年間690円(税抜き)

■ドメイン取得方法

下記をクリックして、お名前ドットコムのホームページでドメインを取得します。

途中のチェック(下記参照)はチェック無しでOKです。

・Whois情報公開代行メール転送オプション
 ⇒Whois情報宛のメールを転送受信できます。
・ドメインプロテクション
 ⇒管理画面上での各種設定の操作制限ができます。
  ドメインのご設定や乗っ取り防止などに有効です。
・SSL証明書
 ⇒国内シェアNo.1のGMOグローバルサインのSSLが直販よりも低価格で購入できます。

注意事項

クレジットカード番号を入れる画面において、デフォルトでは「全額キャッシュバック」にチェックが付いていますが、チェックを外すこと。

上記チェックを付けると、「GMOでんき」に勝手に申し込まれてしまうことがあるそうです。決済画面に進む前に確認してください。

4.サーバとドメインを紐付ける

■お名前.comの手順

①お名前.comにログインする。

②管理画面の「ドメイン一覧」タブを選択し、対象のドメイン名をクリックする。

③ドメイン詳細ページにおいて、ネームサーバ情報の「変更する」をクリックする。

④「他のネームサーバを利用」タブを選択する。

ここに、エックスサーバからのメール「【Xserver】重要 サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というタイトルのメールに記載されている情報を入力する。

ネームサーバー情報を入力という欄には、メール記載の情報「ネームサーバー1~5」の「○○○.jp」という部分を入力する。

⑥先へ進んでいき、ネームサーバーの変更の手続を完了させる。

他のサイトで検索する場合、「お名前.com ネームサーバー」と検索すればいいのかなと思います。

■エックスサーバの手順

①エックスサーバのサーバパネルにログインする。

IDとパスワードは、エックスサーバからのメールに記載があるはずです。

②「ドメイン」-「ドメイン設定」をクリックする。

③ドメイン設定ページより、「ドメイン設定追加」タブを選択し、ドメイン名テキストボックスに取得したドメインを入力して、「確認画面へ進む」ボタンをクリックする。

他のサイトで検索する場合、「エックスサーバ 独自ドメイン追加」と検索すればいいのかなと思います。

5.サーバにWordPressをインストールする

①エックスサーバのサーバパネルにおいて、「WordPress」-「WordPress簡単インストール」をクリックする。

②ドメイン選択ページにおいて、対象のドメイン名の「選択する」ボタンをクリックする。

③「WordPressインストール」タブを選択し、情報を入力する。

■サイトURL:変更不要

■ブログ名:ブログ名を入力する。(後で変更可能)

■ユーザ名/パスワード:ブログにログインする際に使用する。

■メールアドレス:通知を受け取るメールアドレスを入力する。

■データベース:変更不要

★詳しい方法はこちら

➄「インストールする」の前に、「index.htmlが削除されます」とメッセージが表示されますが、OKで問題ありません。

6.サーバにインストールしたWordPressの管理画面にログインする

ログインに必要なユーザ名とパスワードは、上記で指定したユーザ名とパスワードです。

7.プラグイン「All in one WP Migraton」-「インポート」を行う

①プラグイン「All in one WP Migration」-「インポート」をクリックし、※ファイルを選択すると、制作したWebサイトアップロードすることができる。

アップロードすると、ログインに使用するパスワードがローカルで制作したWebサイトのパスワードになっているので注意する。

また、プラグインは導入しすぎると重くなるので注意する。

②これで無事、サーバへアップロードされる。

▶Local by Flywheelでローカル環境にWebサイトを構築したい方はこちら

https://poisoncreation.com/2020/07/14/local-by-flywheel/

誰かの参考になれば幸いです。 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中