【フリーランス1年目】賃貸アパート審査してきました

ソース画像を表示

今月から個人事業主となった私ですが、今まで一人暮らしをしたことがありませんでした。

理由は、家賃の支払いで貯金ができなくなるのが嫌だからでした。

しかし、今回正社員から個人事業主となったので、仕事をする場所が会社ではなくなるわけで、そうなるとコワーキングスペースや自宅、カフェなどノマドな働き方が可能となります。

そこで私は、賃貸を借り、そこを「自宅兼オフィス」という人々の理想の暮らしを実現することにしました。憧れる方多いですよね?

特にこのエンジニアという業種だとフルリモートな働き方ができて、正社員時代より稼ぐことができます。

現在、安定した収入ではありませんが、家賃を払って自宅メインで仕事をする道を決断しました。

そこで今回アパートを借りるために生まれて初めて「審査」をしたわけですが、それまでの経緯や結果についてまとめておくことにします。

■私のステータスについて

私は、2020年6月締めで3年3ヶ月勤めたIT企業を退職しました。

そして、2020年7月から個人事業主となり、現在に至ります。

■内見から審査まで

日程
・7/14 2物件を内見する
     (そのうちの1件を気に入りました)
・7/16 仲介業者に気に入ったことを電話で連絡して、審査をお願いする
・7/17 午前10時に管理会社から電話が掛かってくる
      内容は今から審査をするので生年月日を確認するよ~って感じです
      2時間後、仲介業者から電話が掛かってきて、審査が通ったとのことでした

■なぜ実績のない個人事業主が審査を通過できたのか

ネットを見ると、フリーランスは審査通過率50%の狭き門でした。

特に去年の実績がない個人事業主は落ちやすいとありました。

関係ないかもしれませんが私はここに気を付けていました。

・年収の欄には「正社員のときの年収」と「個人事業主の見込年収」を記載する
・管理会社への電話の受け答えを丁寧に行う

審査の合格を聞いたときは、受験に受かったときぐらい嬉しかったです。笑

誰かの参考になれば幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中