Rubyの繰り返し文は種類が多いのでまとめておきます

Rubyは繰り返し文の種類が多いんです。なのでこのページにすべての繰り返し文をまとめておきます。

for文

あらかじめ指定したオブジェクトから順に値を取り出す。

for 変数 in オブジェクト do
	処理1
	処理2
end

※「do」は省略可能です。

until文

指定した条件式が偽(false)の間、繰り返しを行います。

until 条件式 do
	処理1
	処理2
end

※「do」は省略可能です。

while文

指定した条件が真(true)の間、繰り返しを行います。

while 条件式 do
	処理1
	処理2
end

※「do」は省略可能です。

eachメソッド

配列や範囲オブジェクトなどで用意されているメソッドです。オブジェクトに含まれている要素を順に取り出します。

オブジェクト.each{|変数|
	処理1
	処理2
}

timesメソッド

変数に「0」から「対象のオブジェクトが持つ数値 – 1」を順に代入して、{}内の処理を行います。

オブジェクト.times { |変数|
	処理1
	処理2
}

※{ } は do endに置き換えができます。

uptoメソッド

変数に「対象のオブジェクトの数値」から「max」を順に代入して、{}内の処理を行います。

オブジェクト.upto(max) { |変数|
	処理1
	処理2
}

※{ } は do endに置き換えができます。

downtoメソッド

変数に「対象のオブジェクトの数値」から「min」を順に代入して、{}内の処理を行います。

オブジェクト.downto { |変数|
	処理1
	処理2
}

※{ } は do endに置き換えができます。

LOOPメソッド

Kernelクラスのメソッドです。このメソッドは無限ループを行います。
そのため、{ }内に繰り返しを終了する処理が必要です。

loop {
	処理1
	処理2
}

誰かの参考になれば幸いです。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中