【アフェリエイト】ブログでより稼ぐテクニック4選

ソース画像を表示

ブログを毎日更新しつつアフェリエイトで稼ぐのには、日々の積み重ねと根性強さが大切ですよね。

今回は「収益化」してからより「稼ぐ」ために心掛けるべきことをまとめました。

是非読んでみてください。

スマホの結婚相談所【naco-do】 | 独身証明の提出率100%のオンライン結婚相談所です。

①記事の文字数

初心者は「1,500文字」慣れてきたら「2,000文字以上」
文字数が多いと、SEO(検索エンジン最適化)においては、上位の結果に表示されやすくなります。

ただ最近はSNSを利用すれば検索結果上位に上げなくても、多くのPV(記事閲覧数)を獲得することが可能なのでそこまで重要ではないかもしれません

②記事構造のテンプレート化

キーワード    GoogleやYahooで調べるユーザがどの「キーワード」で検索するかを予測する。
例)「プログラミング 初心者 勉強法」←プログラミング初心者が勉強方法を知るために調べる例。
問題意識読者が抱えている悩みや問題を明確にする。
例)初心者が独学でプログラミングの勉強を始めるのは遅いかなぁ
  効率の良い勉強方法はないかなぁ
結果の明示あなたの記事を読むとどうなるのかを具体的に伝える。
例)勉強をする意味があるということが分かる。
  プログラミング初心者の勉強方法が分かる。
結果の概略「結果の明示」で示した結果が出る根拠を伝える。
例)独学でIT企業に入社した方がいる。
  未経験から起業した方がいる。

このことは有名ブロガーのマナブさん(@manabubannai)が仰っていました。

テンプレート化することで、
メリット① 読む人が読みやすい。しかも解決まで導いてくれるので、読む意味がある記事になる。
メリット② 記事を書く側もテンプレートに従って書いていけば、慣れ次第でかかる時間を短縮して
      記事を量産できるようになる。

型に当てはめてブログを書くというのは最初は難しいですが、数十と記事を書いていくと段々慣れてきます。

③タイトルの決め方

記事のメリットが伝わり、32文字までが好ましい

32文字の理由は、Google検索結果に記事タイトルは32文字までしか表示されないからです。

当時ググった自分へ向けて

 自分が昔ググった内容とかは、今も同じく悩んでいる人がいるかもしれないので、その時の自分に向けて記事を作成するのもコツです。

この記事は随時更新していく予定です。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中