【知っておくべき】ノマドワーカーとは?

こんにちは。カシムラです。

本日はノマドワーカーについてまとめました。

私はまだフリーランスではないのでノマドワーカーの経験はありませんが、
今後自分に関係してくる可能性がゼロではないので予め知っておく目的で
まとめておきます。

ノマドワーカーとは?

ノマドは「遊牧民」という意味です。
ノマドワーカーとは、時間や場所に縛られずに働く人たちのことです。
ジャーナリストの佐々木俊尚氏が2009年に出版した著書「仕事するのみオフィスはいらない」が期限とされている。
インターネットの普及により、この働き方は増えています。

ノマドワーカーとフリーランスの違い

ノマドワーカー…働き方の一形態で、好きな場所で働くという働き方のスタイルです。
フリーランス…仕事の契約形態です。

メリット

・時間に自由がきく。
・好きな場所で働ける。
・会社特有のストレスが減る。
・会社員の場合、上司から振られる仕事は断りにくいが、自営業のノマドワーカーであれば、
 その仕事を受けるかどうかの決定権は自身にある。
・電車で移動するとなると一日に歩く歩数が増えるので運動になる。

デメリット

・収入が不安定。(ノマドワーカーに関わらず、フリーランスならしょうがない)
・実力がないと仕事依頼が来ない。
・移動にお金がかかる。
・ローンが組みにくい。
・自己管理能力が必要になる。
・人とのコミュニケーションが減る。
・日本中を回るとなると、家にほとんどいないので家賃が無駄になる。

類義語

・コワーキング…事務所など、働く場所を共有し働くことです。
        そのため、その場にいる全員が同じ案件を行っているわけではなく、
        それぞれが別々の仕事をしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中